コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nidaros Nidaros

世界大百科事典内のNidarosの言及

【トロンヘイム】より

…ノルウェー最古の都市の一つで,国王滞在地であった。古くはカウパング(〈交易地〉)の名で知られるが,10世紀末に現れたオーラブ1世の治下で発展し,11世紀以降は聖オーラブ王(オーラブ2世)の墓のために北欧各地から巡礼を集め,12世紀後半から1300年ころまでニーダロスNidarosの名でよばれた。ニーダロス司教座大聖堂(1152‐1536)はノルウェー中世最大の建築で,14世紀初めに市の内外には10~12の教会と4~5の修道院があった。…

※「Nidaros」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Nidarosの関連キーワードオーラフ(1世)ニダロス大聖堂トロンヘイム

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android