コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nordau,M. NordauM

世界大百科事典内のNordau,M.の言及

【世紀末】より

…小市民的な道徳律が押し隠してきたエロスと性愛の問題を伝えるものであって,世紀末がとりわけ性意識の点で,ヨーロッパの歴史にかつてなかった変化と転換とにさらされていたことを示している。 社会的には女性解放のうねり,犯罪や自殺者の増加,神秘思想やオカルト思想の流行のなかで,ノルダウMax Nordau(1849‐1923)の《退化》(1892‐93)など,旧来の進化思想と反対のペシミスティックな文明論があらわれた。これはのちにシュペングラーの《西洋の没落》に集約されていったものであるが,このような時代思潮のなかでは,世紀末は古いものの終り,つまりは崩壊のプロセスといえよう。…

※「Nordau,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android