コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Orthoraphium Orthoraphium

世界大百科事典内のOrthoraphiumの言及

【ハネガヤ(羽茅)】より

…温帯林の植物で,北海道と本州に生じ,北は千島列島,サハリンから中国大陸の北部や東北部に分布している。和名は広義のハネガヤ属Stipa(英名feather grass)のもつ羽毛状の芒によって名付けられたが,現在これはさらに数属に分けられ,日本には狭義のハネガヤ属Achnatherumとそれに近いヒロハノハネガヤ属Orthoraphiumの2属があり,Stipaに属する種は見られない。【小山 鉄夫】。…

※「Orthoraphium」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android