ハネガヤ(英語表記)Plumularia setacea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハネガヤ
Plumularia setacea

刺胞動物門ヒドロ虫綱レプトテカータ目ハネガヤ科。高さ 4~5cmの羽状の群体をつくる。幹は規則正しい多数の節からなり,各節から小枝が左右交互にほぼ一平面上に出ている。群体によって雌雄が異なり,雌では生殖莢の先端が頸状に伸び切断形の開孔をもつが,雄では先端がしだいに細くなり,小孔をもつ。本州中部以南の浅海底の小石,貝殻などに付着している。太平洋,インド洋,大西洋,地中海温帯海域や熱帯海域に広く分布している。なお,ハネガヤ科あるいはハネガヤ属の種を総称してハネガヤと呼ぶこともある。(→刺胞動物ヒドロ虫類無脊椎動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハネガヤ【Plumularia setacea】

ヒドロ虫綱ハネガヤ科の腔腸動物(刺胞動物)。本州中部以南に分布し,浅海底の小石や貝殻などに付着している。高さ4~5cmの1本の直立した幹から短い小枝を左右交互にほぼ一平面にだし,名のように羽状の群体をつくる。各小枝には長い節と短い節とが交互に並び,長い節には1個の盃状のヒドロ莢(きよう)があり,口縁は平滑である。また小枝の長節には3個の小さい刺莢も存在する。群体によって雌雄が異なり,生殖体は幹から小枝がわかれる基部にできる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報