PWAP(読み)ぴーだぶりゅえーぴー

世界大百科事典内のPWAPの言及

【WPA】より

…【新川 健三郎】 とりわけ美術関係では,ニューディール政策下で四つの美術家救済計画がたてられた。そのうちWPAのもとで1935年から43年まで遂行された連邦美術計画Federal Art Project(略称FAP)は,WPA設立に先立ち1933年12月から6ヵ月間実施された公共美術計画Public Works of Art Project(略称PWAP)とともに,最も成果を挙げている。両者とも,仕事を求める美術家を動員して全国の公共的な場所に壁画や彫刻を作らせるというもので,後者はそのほかに美術教育なども行った。…

※「PWAP」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android