コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Peierls,R.E. PeierlsRE

世界大百科事典内のPeierls,R.E.の言及

【パイエルス転移】より

…ヒ素族元素(ヒ素,アンチモン,ビスマス)の固体は,これらの原子が5価の電子価をもつため金属になることが予想されるが,わずかであるが,この系独特の結晶のひずみのため半金属となる。これを説明するためにイギリスのパイエルスRudolf Ernst Peierls(1907‐95)が提唱した,金属的な物質で起こる構造相転移の一種をパイエルス転移という。フェルミ面の形状が特殊で,弱い周期ポテンシャルが加わったことによるバンドギャップがフェルミ面を消滅させやすい場合,電子系の運動エネルギー(すなわちバンドエネルギー)の減少は,結晶がひずむことによるポテンシャルエネルギーの損失に打ち勝ち,結果として自発的な結晶のひずみが生ずる。…

※「Peierls,R.E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone