Petrashevskii,M.V.(英語表記)PetrashevskiiMV

世界大百科事典内のPetrashevskii,M.V.の言及

【ペトラシェフスキー事件】より

…ドストエフスキーが加わったことで有名。1844年ころから外務省の翻訳官であったペトラシェフスキーMikhail Vasil’evich Petrashevskii(1821‐66)の家に若いインテリゲンチャが集まるようになり,彼らは45年秋から〈金曜会〉と称して,毎週集まって議論をした。彼らの研究の対象はフランスの空想的社会主義者フーリエの著作や,ドイツの進歩的哲学者L.A.フォイエルバハの著書などであった。…

※「Petrashevskii,M.V.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android