ペトラシェフスキー事件(読み)ペトラシェフスキーじけん

世界大百科事典 第2版の解説

ペトラシェフスキーじけん【ペトラシェフスキー事件】

19世紀ロシアの政治的事件。ドストエフスキーが加わったことで有名。1844年ころから外務省の翻訳官であったペトラシェフスキーMikhail Vasil’evich Petrashevskii(1821‐66)の家に若いインテリゲンチャが集まるようになり,彼らは45年秋から〈金曜会〉と称して,毎週集まって議論をした。彼らの研究の対象はフランスの空想的社会主義者フーリエの著作や,ドイツの進歩的哲学者L.A.フォイエルバハの著書などであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペトラシェフスキー事件
ぺとらしぇふすきーじけん

ドストエフスキーが加わったことで有名な19世紀ロシアの思想事件。外務省の役人ペトラシェフスキーを中心に、若いインテリゲンチャが集まり、フランスの空想的社会主義思想、とくにフーリエの著作を中心とする研究会を形成。毎週金曜日に集まったところから「金曜会」とよばれた。彼らは役人、教師、作家、芸術家、学生などで、出身からすれば中小貴族や雑階級(ラズノチンツイ)が多かった。
 1848年のフランスの革命(二月革命)の影響を受けて、一部の者はサークル内部にさらに小さいグループをつくり、農民蜂起(ほうき)や秘密文書の作成を計画するようになった。しかし密告によって49年4月にペトラシェフスキーが逮捕され、相次いで123人が取調べを受けた。その結果二十余名が軍事法廷で死刑を宣告されたが、処刑の直前に減刑され、シベリア徒刑や兵卒として常備隊へ送られた。[外川継男]
『原卓也・小泉猛編訳『ドストエフスキーとペトラシェフスキー事件』(1971・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android