Pugachyov,E.I.(英語表記)PugachyovEI

世界大百科事典内のPugachyov,E.I.の言及

【プガチョフの乱】より

…1773‐75年にロシアに起こったコサック,非ロシア人原住民,ロシア人農民らの反乱。指導者プガチョフEmel’yan Ivanovich Pugachyov(1740か42‐75)はドン川流域の下層コサックの出身で,数度にわたり戦争に従軍し将校となったが,1771年末に自由を求めてカフカスに逃亡して以来,潜伏,逮捕,脱走,放浪を繰り返した。73年8月,ヤイク・コサックのなかに姿を現し,前年に鎮圧されたヤイクの反乱の参加経験者たちと共謀してロシア皇帝ピョートル3世を僭称し,農民の参加を予想して反乱を起こした。…

※「Pugachyov,E.I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android