コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プガチョフの乱 プガチョフのらん

4件 の用語解説(プガチョフの乱の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

プガチョフのらん【プガチョフの乱】

エカテリーナ二世治下のロシアで、1773~75年に起こった大農民反乱。ドン-コサック出身のプガチョフ(E. Pugachyov 1742頃~1775)が地主打倒・農奴解放を唱えて蜂起。各地に波及したが政府軍に敗れ、プガチョフは処刑された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プガチョフの乱【プガチョフのらん】

1773年―1775年にわたりロシアに起きた農民戦争。ドン川流域のコサック出身のプガチョフEmel'yan Pugachyov〔1742ころ-1775〕を指導者(彼は皇帝ピョートル3世を僭称)にコサック,非ロシア人先住民,ロシア人農民,鉱山労働者らが圧政に抗して蜂起(ほうき)。
→関連項目エカチェリナ[2世]オレンブルグポチョムキン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プガチョフのらん【プガチョフの乱】

1773‐75年にロシアに起こったコサック,非ロシア人原住民,ロシア人農民らの反乱。指導者プガチョフEmel’yan Ivanovich Pugachyov(1740か42‐75)はドン川流域の下層コサックの出身で,数度にわたり戦争に従軍し将校となったが,1771年末に自由を求めてカフカスに逃亡して以来,潜伏,逮捕,脱走,放浪を繰り返した。73年8月,ヤイク・コサックのなかに姿を現し,前年に鎮圧されたヤイクの反乱の参加経験者たちと共謀してロシア皇帝ピョートル3世を僭称し,農民の参加を予想して反乱を起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プガチョフの乱
ぷがちょふのらん

1773~75年のロシアの農民戦争。エカチェリーナ2世の治下で農奴の奴隷化が促進されたが、この乱は、このような圧制に対して頻発する農民一揆(いっき)を背景にしたものであった。
 ドン・コサック出身のプガチョフЕмельян Иванович Пугачеёв/Emel'yan Ivanovich Pugachyov(1742ころ―75)が、1773年ヤイク川(現ウラル川)地方に現れ、政府の課した負担に反発していたヤイク・コサックを率いて反乱を宣し、秋にオレンブルグ要塞(ようさい)を包囲した。反乱軍には逃亡農民やバシキール人なども加わった。要塞の攻略には失敗したものの、以後反乱軍は最盛時に5万人に達した。カマ川流域を制圧して、翌年夏にはボルガ川の要衝カザン、サラトフを占領した。プガチョフはピョートル3世を僭称(せんしょう)して、農奴解放の詔勅を発し、多くの貴族、役人を処刑した。ボルガ川から中央ロシアにかけての各地で農民が蜂起(ほうき)し、その勢力はモスクワに非常な脅威を与えた。しかし増強された政府軍に敗退を重ね、74年8月末ボルガ下流で決定的な敗北を被った。プガチョフは再起を図ってドン地域に走ったが、密告のため政府軍に捕らえられ、75年1月モスクワで処刑され、反乱に参加した農民も残酷な報復を受けた。反乱は長く支配層に恐怖感を与えた。
 なお、プーシキンの小説『大尉の娘』はこの反乱を素材としたものである。[伊藤幸男]
『阿部重雄著『帝政ロシアの農民戦争』(1969・吉川弘文館) ▽米川哲夫訳「プガチョーフ反乱史」(『プーシキン全集5』所収・1973・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプガチョフの乱の言及

【カザフ族】より

…18世紀後半になると,カザフスタンは,畜産物供給地,穀物や工業製品の市場としてロシアとの経済的結びつきを強め,同時に,軍隊や商人,入植者によって土地を奪われたカザフの不満は,しだいにつのっていった。プガチョフの乱は,小オルダと中オルダの一部をもまき込んだが,それに続き,1783‐97年には,反ロシア暴動が勃発するにいたった。19世紀前半,ロシアは中・小オルダを相ついで直接管轄下に置き,ホーカンド軍を破って大オルダをも服属させ,1860年代には,全カザフスタンを支配下におさめた。…

※「プガチョフの乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プガチョフの乱の関連キーワードフメリニツキーロシア遠征出来事ドンコサックプガチョフバトルコサックロシア四重奏曲ロシニジンポルタワグルジアとロシアの対立

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone