コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SCOA えすしーおーえー

世界大百科事典内のSCOAの言及

【西アフリカ・フランス会社】より

…ヨーロッパ人の入植者が少なく,一部の例外を除いて開発すべき鉱物資源も乏しかった西アフリカにおいては,植民地資本の活動はアフリカ人が生産するラッカセイ,ヤシ,コーヒー,カカオなど熱帯産品を買い付け,逆にヨーロッパ製工業製品を売りつけるという流通段階にとどまっていたが,そのような商業活動の中核をになったのが,この会社のような総合商社であった。同社は,1907年に設立されたスイスとフランス資本の合弁会社,西アフリカ商事会社Société Commerciale de l’Ouest Africain S.A.(1973年にSCOAが正式社名となる)と,フランス領西アフリカの貿易を二分し牛耳ってきた。1960年の各国の独立後,そのシェアは減少したとはいえ,この地域の貿易・国内流通において,同社は今日なお根強い力をもっている。…

※「SCOA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

SCOAの関連キーワードリネン(Feodor Lynen)クチブトカメムシコエンザイムAレブリヤヌミゲイス

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SCOAの関連情報