コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SIPE えすあいぴーいー

世界大百科事典内のSIPEの言及

【芸術療法】より

…音楽はその後もメランコリーの治療に使われたようで,ルネサンス期のデューラーの木版画《男風呂》(1496‐97ころ)にそれが図解されている。ただし,芸術療法として一般化するのは,やはり精神科の医療が近代化する20世紀になってからで,これを研究対象とする国際学会(国際表現精神病理学会Société Internationale de Psychopathologie de l’Expression,略称SIPE)も1959年に組織され,〈芸術療法士art therapist〉という専門職も欧米では正規に設けられている。既述のように,芸術療法は一種の創造療法(クリエーション療法)であるのが原則だが,日本などではまだ再創造(レクリエーション)の域を脱しない部分も少なくない。…

※「SIPE」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

SIPEの関連キーワードブタ丹毒(豚丹毒)雌赤黄斑叩頭虫イッポンシメジアミガサタケ翅斑扁花蠅ヌママムシシオマネキヒヨドリ白頭巾鵯サワガニオシピ岩食肉類布袋葵目白鵯灰色鵯深山鵯黄眉鵯黒鵯岩蟹

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android