コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sandby,P. SandbyP

世界大百科事典内のSandby,P.の言及

【水彩】より

… 18世紀のフランス・ロココの画家ではフラゴナール,ロベールなどがすぐれた水彩を残しているが,ワトー,ブーシェは水彩には手をそめなかった。ルイ16世時代(1774‐92)に水彩はようやく独立のジャンルとして王立絵画・彫刻アカデミーでも認められたが,水彩の黄金時代を現出したのは,何よりも18世紀後半から19世紀にかけてのイギリスで,カズンズ父子,サンドビーPaul Sandby(1725か26‐1809),T.ガーティンなど水彩の専門画家が輩出し,1804年にはロンドンに水彩画協会が設立されるなど,イギリスは一気にヨーロッパの水彩芸術の指導的立場に立った。彼らの作品の多くはいわゆる地誌的,名所絵的性格の強い風景であったが,コンスタブル,とりわけターナーが出るに及んで水彩は油彩とは別個の独立したジャンルとしてその頂点に達した。…

※「Sandby,P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android