コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Santi di Tito SantidiTito

世界大百科事典内のSanti di Titoの言及

【マニエリスム】より

…この時期(1580‐90)をもって〈プロト・バロック〉の台頭,マニエリスムの終末とされる。ただし,1620年代まで,ローマではF.ツッカロ,カバリエーレ・ダルピーノCavalier d’Arpino(1568‐1640)などのアカデミックなマニエリスト,フィレンツェではサンティ・ディ・ティートSanti di Tito(1536‐1603)やチゴーリCigoli(本名カルディLudovico Cardi。1559‐1613)などの,リアリズム的傾向と宗教性の強い〈改革派〉マニエリストが活躍した。…

※「Santi di Tito」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Santi di Titoの関連キーワードプエンテサンティマリアエドナート教会サンティジョバンニエパオロ教会サンティニコロエカタルド教会真珠珪華ローマのパンテオン皇帝ティートの慈悲皇帝ティートの慈悲ティト帝の慈悲ディディエ・ドログバ