コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Siboglinum Siboglinum

世界大百科事典内のSiboglinumの言及

【有鬚動物】より

…棲管(せいかん)中に産卵し,幼生にまで発達するが,卵の長径は棲管の直径より大きいため,斜めになって並んでいる。 相模湾や駿河湾の500m以深の泥中からは,Siboglinum属の個体がかなり採集される。九十九湾の水深20~25mから新種のマシコヒゲムシOligobrachia mashikoiが1973年に報告された。…

※「Siboglinum」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Siboglinumの関連キーワード有鬚動物ヒゲムシ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android