コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sisyrinchium Sisyrinchium

世界大百科事典内のSisyrinchiumの言及

【ニワゼキショウ】より

…路傍の,草丈の低い草地や芝生の中などに普通に見られるアヤメ科の多年草(イラスト)。北アメリカ原産の帰化植物で,日本への渡来は1887年(明治20)ころと推定されている。茎は高さ10~20cm,扁平で狭い翼がある。葉は線形で幅2~3mm,縁には微小な突起があってざらつく。花は5~6月に咲き,茎の上部の2枚の苞葉の間から2~5個の花が散形状に出る。花柄は約2cm。花は淡紫色で,濃紫色の条がある。径1~1.2cm。…

※「Sisyrinchium」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Sisyrinchiumの関連キーワードアヤメ科庭石菖

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android