Slutsky,E.(英語表記)SlutskyE

世界大百科事典内のSlutsky,E.の言及

【所得効果・代替効果】より

…しかし,所得効果による食料需要の変化が減少の方向に働くときには,需要法則の成立しない可能性もある。なお,このような所得効果,代替効果を定式化したのはソ連の統計学者,数学者スルーツキーE.Slutsky(1880‐1948)であり,J.R.ヒックスによりスルーツキー方程式と命名された。消費者選択の理論【賀川 昭夫】。…

※「Slutsky,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android