コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sminthillus limbatus Sminthilluslimbatus

世界大百科事典内のSminthillus limbatusの言及

【毒ガエル(毒蛙)】より

… ヒキガエル科ではあるがヤドクガエル属と形態の類似したアテロプス属Atelopusも有毒で,49種が熱帯アメリカに分布する。アマガエル科にも熱帯アメリカに分布するドクアマガエル属Phrynohyasなどの有毒種が含まれるが,かつてヤドクガエル科に含められていた体長約1cmの世界最小種のキューバチビガエルSminthillus limbatusは,果たして有毒か否か疑問視されている。またヒメジムグリガエル科(=ナゾガエル科)のアフリカドクガエル(ナゾガエル)属Phrynomerus(=Phrynomantis)5種も有毒種である。…

※「Sminthillus limbatus」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Sminthillus limbatusの関連キーワードタナゴ河原芥虫透翅長吻虻

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android