コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sophrolealia

世界大百科事典内のSophrolealiaの言及

【ソフロニティス】より

…とくにソフロニティス・コッキネアS.coccinea Reichb.f.は花が大きく鮮紅色であるために,カトレア属,レリア属などとの交配に多用され,すぐれた品種が多数育成されている。それらの属間交配品種には,ソフロカトレア属Sophrocattleya,ソフロレリア属Sophrolealia,ブラソフロニティス属Brassophronitisなどがあり,またエピデンドルム属との間にエピフロニティス属Epiphronitisも作出されている。 夏は夜間,涼しい所におき,弱光とし,肥培する。…

【レリア】より

…ラエリア・プルプラタL.purpurata Lindl.ex Paxt.は,花は桃色あるいは紫色で,ブラジル原産。 近縁のカトレアCattleya,ブラッサボラBrassavolaソフロニティスSophronitisなどの属と近縁のため交配が行われ,レリオカトレアLealiocattleya,ブラッソレリアBrassolealia,ソフロレリアSophrolealiaなどの人工交雑属が作出されている。 冬は明け方に6~7℃あれば栽培でき,生長期である春~秋に肥培し,春に株分けでふやす。…

※「Sophrolealia」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる