コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sponde,J.de SpondeJde

世界大百科事典内のSponde,J.deの言及

【バロック文学】より

………静まりかえった丑(うし)三つ時に聞えてくる,あれのほえる声,あれの鋭い鳴声が〉と歌う。彼と同傾向の詩人に《聖週間》のデュ・バルタスGuillaume de Salluste Du Bartas(1544‐90),《死のスタンス》のスポンドJean de Sponde(1557‐95),シャシニェJean‐Baptiste Chassignet(?‐1635)がいる。彼らは皆,宗教戦争下の信仰と社会制度の危機的状況の中で,激動する魂と異常に鋭くなった感覚と幻覚性を帯びた想像力をもって,造物主や悪魔のビジョンや黙示録的光景を,自己の内的緊張に見合う動的な調子で歌った。…

※「Sponde,J.de」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android