コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バロック文学 バロックぶんがく

3件 の用語解説(バロック文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バロック文学
バロックぶんがく

バロックは美術史の用語であったが,1916年ドイツの文学史家 F.シュトリヒが用いて以来,文学の領域にも使用されるようになった。初めは古典主義から逸脱した不統一,異形の意味で使われたが,次第に積極的な意味を獲得し,奔放雄大,充実した生命の躍動,緊張と発散とを示す様式をいい,その極限として単純素朴とは反対の華美,大規模なものが現れ,大げさな措辞,誇張,虚飾により,表現のわりに内容空疎なものに堕したものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バロックぶんがく【バロック文学】

文学においてバロックの概念は,20世紀,特に1910‐40年の間と60年代に,文学批評家が現代への問題意識をふまえ,16,17世紀西欧においてマニエリスムに続いて興った激情的かつ力動的な,多くの場合反古典主義的色彩を帯びた文学の傾向を,美術との関連の中でより鮮明に把握するために,美術史より導入したものである。E.オルス(ドールス),H.フォシヨンらはこの概念を,現代をも含めた他世紀の同種の傾向に適用し,また大部分の批評家がその概念の意味範囲を文体から主題,象徴へと拡大している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バロック文学
ばろっくぶんがく

文学の領域でバロックという概念が用いられるようになったのは、F・シュトリヒがドイツ17世紀文学の復権を目ざして、美術史においてウェルフリンが規定した概念を転用したことに始まる(『17世紀抒情(じょじょう)詩の様式』1916)。これによって、それまで総合的な観点からはとらえられていなかったドイツの人文主義から啓蒙(けいもう)時代に至る約120年の文芸が、対立性と装飾性を指標とした「バロック」の名称でよばれることになった。以後この時代の作品が統一的な特徴をもっているかどうかについては論議が絶えないが、対極性と内的な緊張関係が、バロック時代の考え方、世界経験、生活感情、芸術意欲などの基本形態を形成しているという通念は成立している。対立と緊張は、図式的には、普遍性と個別性、世界全般と民族ないし国、市民の身分意識と宮廷文化、市民の学識対貴族の血統、現世の歓(よろこ)びに対する死の恐れと彼岸(ひがん)願望、異教的な古典古代の形式美とキリスト教的な内容の重厚さ、宮廷世界の顕示欲とはかなさ、移ろいやすさ、上昇と下降、規範規律の遵守と幻想空想への傾き、といった形をとる。この様式史観は最初ドイツに成立したため、第二次世界大戦中まで、「バロック文学」とは特殊ドイツの現象と説く傾向が強かった。他方、こうした対立図式を取り上げて、「バロック」を調和と統一の古典主義の後に続く豊饒(ほうじょう)と爛熟(らんじゅく)の現象として普遍的にとらえるむきもあったが(ドールス、フォシヨンら)、とくにE・R・クルチウス(『ヨーロッパ文学とラテン中世』1948)の研究批判によっていずれも否定された。それゆえ今日では、バロック文学の名称は、おおむね17世紀を中心とした西欧の文学において、古典古代の文学形式の模倣・継承と近代的な文学形成意欲との葛藤(かっとう)が生じ、また、それぞれの言語文化に特有な「国民文学」が成立してくる時期の時代概念として用いられる。表現法においては、韻文が基本であり、「奇想」とよばれる独特なアレゴリーを用い、同時に反宗教改革時代の雰囲気を伝える芸術様式である。近代詩形のソネットのほか多様な古典詩形が規範詩学のもとに確定し、また12音綴(てつ)のアレクサンドリーナ(アレクサンドラン)詩行を基本としたストア的キリスト教的悲劇がもっとも重要なジャンルの一つであった。さらに、新たに16世紀に誕生した散文によるピカレスク(悪者)小説と宮廷恋愛小説が質量ともに急速に発展成長した時期もこの時代にあたる。17世紀末にフランスでおきた「新旧論争」は、こうしたバロック時代の終幕を示すまさに画期的なできごとであったと考えられる。
 以上の特徴をもつバロック文学は、スペインにおいてもっとも早く開花し、ゴンゴラ、カルデロン、グラシアン、ロペ・デ・ベガに代表される。フランスでは古典主義文学に並ぶ形で現れた、ドービニェ、デュ・バルタス、スポンドらの詩人、そして奇譚(きたん)作家スキュデリ嬢、劇詩人コルネイユらがあげられる。イタリアでは哲学者ブルーノ、カンパネッラ、そしてヨーロッパ全土に影響を与えた詩人マリーノがいる。イギリスでは通常、バロックの名称は用いないが、ダンを代表とする形而上(けいじじょう)詩人たちやミルトンがこれにあたる。ドイツでは17世紀に入りようやくバロック文学の機運が生じ、詩学のオーピッツ、劇詩人グリューフィウス、小説のグリンメルスハウゼン、ホフマンスワルダウらが輩出した。[轡田 收]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バロック文学の関連キーワード位相新バロック物象化ネオバロックバロック式バロック真珠イギリス・バロック管弦楽団BAROCK バロックバロック様式バロック劇

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バロック文学の関連情報