コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Stakhanov,A.G. StakhanovAG

世界大百科事典内のStakhanov,A.G.の言及

【スタハーノフ運動】より

…技術習得を基礎として生産高ノルマ(基準量)を上げようとする点に特徴がある。35年8月31日,ドンバスの採炭労働者スタハーノフAleksei Grigor’evich Stakhanov(1906‐77)は圧搾空気ハンマーを用いて,1交替時間中に102tの石炭(ノルマの14倍)を採掘した。運動はこれを範として,35年末から開始されたが,当時のソ連は第2次五ヵ年計画期にあたり,社会主義的工業の発展は軌道にのり,農業の集団化も,その強引な手段がもたらした多くの困難をくぐって,ようやく達成の見込みがつき,国内経済の新しい建設期に向かおうとしていた時期である。…

※「Stakhanov,A.G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone