コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタハーノフ運動 スタハーノフうんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタハーノフ運動
スタハーノフうんどう

ソ連で第2次5ヵ年計画中の 1935年に始った労働生産性向上運動。国民生活全体に影響を及ぼした。 35年8月,ドンバス炭坑の採炭夫アレクセイ・スタハーノフは,社会主義的情熱と新技術の導入により,一交替時間中に 7tのノルマの 14倍に上る石炭を採掘した。このことがきっかけとなりすべての産業,交通,建築,農業部門でこの運動が展開され,模範を示した労働者は労働英雄としてたたえられた。第2次5ヵ年計画中に労働生産性は 82%増加したといわれる。しかし,この運動は労働強化となる一般労働者と生産性向上の任務を負わされる経営者からの反発を招き,現場ではさまざまな混乱も生じた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スタハーノフ運動【スタハーノフうんどう】

ソ連で第2次五ヵ年計画の際に展開された全国的な生産向上運動。1935年ドネツ炭鉱の鉱夫スタハーノフStakhanovが新技術を考案してすぐれた採炭記録をあげたのを模範として始まった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スタハーノフうんどう【スタハーノフ運動 Stakhanovskoe dvizhenie】

旧ソ連邦で1935年以来行われていた労働生産性向上運動で,社会主義的競争の一種。技術習得を基礎として生産高ノルマ(基準量)を上げようとする点に特徴がある。35年8月31日,ドンバスの採炭労働者スタハーノフAleksei Grigor’evich Stakhanov(1906‐77)は圧搾空気ハンマーを用いて,1交替時間中に102tの石炭(ノルマの14倍)を採掘した。運動はこれを範として,35年末から開始されたが,当時のソ連は第2次五ヵ年計画期にあたり,社会主義的工業の発展は軌道にのり,農業の集団化も,その強引な手段がもたらした多くの困難をくぐって,ようやく達成の見込みがつき,国内経済の新しい建設期に向かおうとしていた時期である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

スタハーノフ運動の関連キーワード呉満有運動労働模範

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android