コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Thiothrix Thiothrix

世界大百科事典内のThiothrixの言及

【硫黄細菌】より

…海水,海泥,淡水,汚泥そのほか硫黄化合物の多いところにみられ,硫化水素(硫化物),固体硫黄,亜硫酸塩,チオ硫酸塩,ポリチオン酸塩などを基質として酸化している。古くから硫黄細菌として広く知られているベギアトアおよびチオスリクスThiothrixは桿(かん)状細胞が集まって糸状体を形成しているもので,硫化水素存在下ではこれを酸化し,硫黄を体内に蓄積している。水溝によくみられる。…

【ベギアトア】より

…細菌としては形が比較的大きく,糸状体となったり,また,すべるように運動するところから,細菌よりラン藻類のオシラトリアOscillatoriaに系統的に近いともいわれる。近縁のものに硫黄細菌であるアクロマティウムAchromatium,ティオバシルスThiobacillus,ティオスリクスThiothrixがあり,ベギアトア目Beggiatoalesとしてまとめられている。【椿 啓介】。…

※「Thiothrix」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone