コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫黄細菌 いおうさいきん sulfur bacteria

翻訳|sulfur bacteria

5件 の用語解説(硫黄細菌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫黄細菌
いおうさいきん
sulfur bacteria

硫黄および無機硫黄化合物を酸化,または還元して得られたエネルギーで生活する細菌類の総称。真正細菌類のチオバクテリウム科に属するもので,Thiobacteriaとも称する ThiobacteriumThiobacillusThiospiraなどがおもな属である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いおう‐さいきん〔いわう‐〕【硫黄細菌】

化学合成を行う細菌で、硫化水素などを酸化して硫黄硫酸を生じる。光合成を行う紅色硫黄細菌緑色硫黄細菌などを含めていうこともある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いおうさいきん【硫黄細菌 sulfur bacteria】

硫黄あるいは無機硫黄化合物を酸化する細菌。亜硝酸菌などと同様,無機物を基質として好気呼吸をおこなう独立栄養細菌の仲間で,硫黄の酸化を化学的暗反応によりおこなう菌のうち,代表的なものは無色硫黄細菌チオバチルスThiobacillusである。これはグラム陰性菌で極性鞭毛によって運動する。28~30℃で最もよく発育し,酸性を好むものから弱アルカリ性を好むものまで発育pHの幅は広い。海水,海泥,淡水,汚泥そのほか硫黄化合物の多いところにみられ,硫化水素(硫化物),固体硫黄,亜硫酸塩チオ硫酸塩ポリチオン酸塩などを基質として酸化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いおうさいきん【硫黄細菌】

硫黄や無機硫黄化合物を酸化してエネルギーを得ている細菌の総称。化学合成を行うものと光合成を行うものとがある。硫黄泉・下水・土壌などにすむ。硫黄バクテリア。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫黄細菌
いおうさいきん

硫黄バクテリアsulfur bacteriaともいう。元素状硫黄および無機硫黄化合物を酸化する細菌、またはこの酸化反応によって炭酸同化を営み、化学合成ならびに光合成独立栄養にて生活する細菌の総称である。硫黄細菌は、各種の硫黄化合物に富んだ環境に分布する。分類学上からみると、いろいろな分類群に属するものがある。ベジアトア科の細菌、キトファーガ科のチオトリックス属Thiothrixの細菌、チオバクテリア科の細菌、紅色細菌科に属する細菌などが含まれる。ベジアトア科の細菌は無色、繊維性で、藍藻(らんそう)に似た滑走細菌の群で、ベジアトア属Beggiatoa、ビトレオシラ属Vitreoscilla、チオプロカ属Thioplocaの3属がある。チオトリックス属は大形の糸状性の細菌である。チオバクテリア科の細菌は通常単細胞で小形のものが多く、鞭毛(べんもう)を有する桿菌(かんきん)チオバチルス属Thiobacillusや、運動性のない桿菌チオバクテリウム属Thiobacteriumなど6属がある。紅色細菌科は光合成細菌の群であり、バクテリオクロロフィルをもち、紅色や緑色を呈する多くの属が含まれている。
 ビトレオシラ属を除くベジアトア科の細菌やチオトリックス属の細菌は、元素状硫黄を細胞内に多量に沈着する。これらの細菌は、硫化水素を酸化して元素硫黄とし、貯蔵された硫黄はさらに硫酸に酸化される。一方、チオバクテリア科の細菌には、硫化水素から硫黄を細胞内に沈着するもの、硝酸塩の酸化系として、硫黄またはチオ硫酸塩の酸化を行い、遊離窒素を放出するもの、チオ硫酸塩などの酸化によって硫酸をつくるものなどがある。光合成細菌は光合成によって酸素を放出するかわりに硫黄化合物の酸化を行う。
 硫黄細菌のなかで純粋培養されるものは少ないが、チオバチルス属はチオ硫酸を加えた無機培養基で成功している。[曽根田正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の硫黄細菌の言及

【硫黄】より

…フェレドキシン,NADHデヒドロゲナーゼなど電子伝達系に重要な役割を果たす鉄‐硫黄タンパク質の活性中心形成にも関与する。硫黄細菌は硫化水素H2Sを光合成における電子供与体として用い,無機硫黄あるいは硫酸を生成する。逆に脱硫酸細菌は硫酸を還元してH2Sを生成する。…

※「硫黄細菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

硫黄細菌の関連キーワード亜硝酸菌脱硫二酸化硫黄無機化合物硫化物化学合成弾性ゴム硫化炭酸固定好酸性菌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone