コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Tippett,M. TippettM

世界大百科事典内のTippett,M.の言及

【イギリス音楽】より


[20世紀]
 20世紀に入るとまず管弦楽曲の分野に活発な動きが見られ,スタンフォードC.V.Stanford(1852‐1924)とE.エルガーに続き,デリウスF.Delius(1862‐1934),ホルスト,ボーン・ウィリアムズらが活躍した。より若い世代の代表にはウォルトンW.Walton(1902‐ )やティペットM.Tippett(1905‐ )らが含まれるが,現代音楽の代表者はブリテンで,《ピーター・グライムス》や《真夏の夜の夢》などのオペラをはじめ,管弦楽曲や合唱曲の分野においても優れた手腕を発揮している。
[民俗音楽]
 イギリス民俗音楽の源流をたどれば,古く中世時代のミンストレルの活躍にまでさかのぼることができる。…

※「Tippett,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone