コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Tye,C. TyeC

世界大百科事典内のTye,C.の言及

【イギリス音楽】より

…ヘンリー8世はフェアファックスR.Fayrfax(1464‐1521)やコーニッシュW.Cornysh(1468ころ‐1523)らの作曲家を優遇し,当時流行中のフランスのシャンソンを奨励するとともにみずから作曲をも手がけている。また1534年の英国国教会成立に伴い新しい教会音楽の必要性が生じ,タバナーJ.Taverner(1490ころ‐1545),T.タリス,タイC.Tye(1500ころ‐72ころ)などの作曲家たちがサービスやアンセムを作曲した。エリザベス朝からジェームズ1世時代にかけてはこうした教会音楽のほか,典型的なルネサンス様式によるマドリガルやエア,リュート歌曲などが盛んとなり,器楽の分野でもリュート曲,鍵盤音楽(特にバージナル曲),コンソート曲と呼ばれる合奏曲などが人気を集めた。…

※「Tye,C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Tye,C.の関連キーワードドブロリューボフ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android