コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Virta,N.E. VirtaNE

世界大百科事典内のVirta,N.E.の言及

【無葛藤理論】より

…せいぜい〈よきものと,よりよきものとの葛藤〉が存在するだけであり,ソ連の劇作はそのことを踏まえて新しい道に進まなければならないと説かれた。劇作家ビルタNikolai Evgen’evich Virta(1906‐76)らによって定式化されたこの理論は,1952年に共産党機関紙《プラウダ》によって批判されたが,問題は劇作にかぎらず,この理論が,ジダーノフ批判以後,現実の否定面を描くことを恐れ,現実を美化してきたソ連文芸の全般的傾向の集中的表現であった点にあった。ババエフスキーSemyon Petrovich Babaevskii(1909‐ )の《金星勲章の騎士》2巻(1947‐48)など,第2次大戦後のスターリン賞文学にこの傾向は共通していた。…

※「Virta,N.E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Virta,N.E.の関連キーワード無葛藤理論

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android