コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Zakī al-Arsūzī ZakialArsuzi

世界大百科事典内のZakī al-Arsūzīの言及

【バース党】より

…1940年代初期のシリアのアラブ民族主義運動の組織を母体とする。それは,パリに留学し帰国後教員となったミシェル・アフラクやサラーフ・ビタールSalāḥ al‐Dīn al‐Biṭār(1912‐80),イスケンデルン出身のザキー・アルアルスージーZakī al‐Arsūzī(1900‐68)らが中心となって結成された。彼らは民族的独立を目的とした従来のアラブ・ナショナリズムに対しさらに急進的な社会的闘争の目標を掲げた。…

※「Zakī al-Arsūzī」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Zakī al-Arsūzīの関連キーワードアルス・エレクトロニカラムスバース党坂井伊織ルパンの冒険エッティングハウゼンドナトゥスアミノアシルtRNA合成酵素第2の遺伝暗号大手拓次

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android