コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

abrin abrin

世界大百科事典内のabrinの言及

【トウアズキ】より

…熱帯アジア原産で,現在は熱帯域に広く栽培され,あるいは野生化している。アフリカでは葉や根の甘みを利用することがあるというが,種子はアブリンabrinという有毒アルブミンを含み,タンパク質や脂肪分解酵素,アルカロイドも含有している。古くはインドやマレーで,この種子の重さで金の重さを測ったこともある。…

※「abrin」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

abrinの関連キーワードポラック(Sydney Pollack)ワイルダー(Billy Wilder)Sabrina麗しのサブリナバレニー諸島ジャブリン城ホールデンユベントスサブリナ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android