コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

al-Madīna al-Mudawwara alMadinaalMudawwara

世界大百科事典内のal-Madīna al-Mudawwaraの言及

【城】より

…したがってそれ以後は,築城術もこれら先進国の影響をうけたが,ウマイヤ朝(661‐750)時代にはビザンティン建築のそれが強く,アッバース朝(750‐1258)にはいるとペルシアの影響が濃くなった。カリフ,マンスールが築いたバグダードの円城(ムダッワラal‐Madīna al‐Mudawwara)なども,ペルシアの様式が著しい。城壁は正円形で三重,外城の直径は約2.5km,外城の周囲には堀をめぐらし,建築材料はおもに日乾煉瓦であった。…

※「al-Madīna al-Mudawwara」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

al-Madīna al-Mudawwaraの関連キーワードメジナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android