boutargue

世界大百科事典内のboutargueの言及

【からすみ(鱲子)】より

…ところで,ヨーロッパにもからすみに近いものがある。南フランスのプロバンスあたりで珍重されるブータルグboutargueがそれで,ボラの卵巣を塩漬にして圧搾し,日干しにしたり薫製にしたりする。アラビア語で〈魚の子〉の意味のバトラフbaṭrakhを語源とするというが,日本のからすみと同源かどうか興味のあるところだ。…

※「boutargue」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報