chapada

世界大百科事典内のchapadaの言及

【ゴイアス[州]】より

…州都はゴイアニア。大部分が多くの卓状地(シャパーダchapada)から成る高度1000m前後のブラジル高原で,北流するアマゾン川の大支流,トカンティンス,アラグアイアの両川のつくる低地の熱帯雨林地帯を除くと,セラードcerradoとよばれる半乾燥の疎林になっている。年平均気温は19~26℃の間にあり,年降水量は1300mm前後,5~10月にははっきりとした乾季があり,セラードの曲がりくねった灌木の硬葉もこの時期には落葉する。…

【ブラジル高原】より

…しかし,これらの高原の末端は急峻な地形で,山脈状になり,セラserraと呼ばれている。また,両側が急峻な地形の場合にはシャパーダchapada(卓状地)と名づけられている。ブラジル高原上には,このようなセラやシャパーダと呼ばれるいくつかの山脈状の地形がある。…

※「chapada」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android