コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

chemosynthesis chemosynthesis

世界大百科事典内のchemosynthesisの言及

【窒素代謝】より

… こうして生じたアンモニアは,土壌中の亜硝酸菌硝酸菌によりO2を酸化剤として,NO2を経てNO3へと酸化される(硝化作用nitrification,表1)。これらの細菌は,無機窒素化合物をエネルギー源とし,その酸化反応で発生するエネルギーを利用して,炭酸固定を行う(化学合成chemosynthesis)独立栄養生物である。亜硝酸細菌と硝酸細菌は硝化細菌nitrifying bacteriaと総称され,この2群の細菌は生態学的に相伴って生息している。…

※「chemosynthesis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android