copla

世界大百科事典内のcoplaの言及

【スペイン音楽】より

…民謡の種類はきわめて多く,子守歌,わらべ歌に始まり,セレナーデ,婚礼の歌,宗教的な歌,農業・牧畜・漁業などと結びついた労働歌,物語歌,闘牛の歌,葬礼の歌,そして多彩な踊歌など,社会生活のあらゆる面が歌や器楽演奏に結びついているといえる。歌詞の内容は軽妙なものから深刻なものまであらゆる人情の機微を表現しており,コプラcoplaと呼ばれる短詩(標準型は各8音節の4行)には趣深いものが多い。 地方別に,とくに国際的にも知られる重要な民謡,民俗音楽の形式を挙げる。…

※「copla」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android