cotransport

世界大百科事典内のcotransportの言及

【能動輸送】より

…細菌の糖やアミノ酸の輸送系はHの電気化学的ポテンシャル差⊿μH,小腸の上皮細胞や腎臓における再吸収などはNaのこう配⊿μNaに依存して,栄養物質をほとんど完全に吸収することができる。このようにある物質の移動に他の物質(イオン)の移動を伴う輸送を共輸送cotransportと呼ぶ。 能動輸送はいずれも上り坂uphill反応であるから他のエネルギーの供与があって初めて可能となる。…

※「cotransport」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android