コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

joft joft

世界大百科事典内のjoftの言及

【チフトリキ】より

…オスマン帝国支配下のアナトリア,バルカンにおいて,18世紀以後に現れた〈私的大土地所有〉。チフトリキの語は,ペルシア語で〈対〉を意味する言葉ジョフトjoftに由来するトルコ語で,〈耕作地〉を意味し,元来は15~16世紀を中心としたティマール制下における小農民的保有地(約6~15ha)を指していた。16世紀末以後,ティマール制がしだいに変質・解体すると,小農民的土地保有関係が崩れはじめ,徴税請負(イルティザーム),高利貸付,官職利用,開拓・干拓などの手段によって土地を獲得する者が現れ,18世紀に入るとチフトリキの名でよばれる〈私的大土地所有〉が,とりわけ河川流域の平野部や商業交易に至便な地域において,広範に成立した。…

【マーレキ・ライヤト制】より

…高原部のオアシス集落とは異なり,カスピ海地方など湿潤地帯では定額小作もみられた。また,このほか役牛を所有する者が2人集まり,2頭の牛で耕作しうる広さの土地を一つの耕作単位となすジョフトjoft制もかなり広く行われている。1962年に始まるモハンマド・レザー・パフラビー国王の白色革命の過程で農地改革が実施され,イランに固有のこの制度は消滅した。…

※「joft」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone