kantoensis

世界大百科事典内のkantoensisの言及

【イワウチワ】より

…本州に分布する。地域により変異があり,東北地方のものは葉が大きく円形でオオイワウチワvar.unifloraといい,関東地方のものは広円形で小さく,基部は心形で狭義のイワウチワvar.kantoensis Yamazaki,北陸・近畿地方のものは茎の基部が円形かくさび形の傾向がありトクワカソウvar.orbiwlaris Hondaという。花がきれいなので,山草として植えられるが,栽培はむずかしい。…

※「kantoensis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android