laurvikite

世界大百科事典内のlaurvikiteの言及

【御影石】より

…黒御影は熱膨張係数がきわめて小さく,精密工業で測定用に利用される精密定盤や,精密機械の台座としての需要もしだいに伸びてきている。 珍しい御影石に,ラルビカイトlarvikite,laurvikiteと呼ばれるノルウェー,ラールビク産のセン長岩がある。遠くからでは黒御影にしか見えないが,近くに寄るとその結晶が光を反射して輝き,見る角度によって輝きを放つ結晶が変わっていく。…

※「laurvikite」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android