menyat'(英語表記)menyat

世界大百科事典内のmenyat'の言及

【ミンスク】より


[歴史]
 市名が史料の上で確認されるのは1067年のポロツク公国とキエフ大公国(キエフ・ロシア)との戦いに関連してであるが,町の発祥はさらに古く,黒海とバルト海を結ぶ通商路の中継基地としてであったと考えられている。ミンスクの名も交易するという意味の〈メニャーチmenyat’〉に由来するといわれる。1101年ミンスク公国の首都となるが,14世紀にはリトアニア大公国下に入った。…

※「menyat'」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android