コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

mesangium mesangium

世界大百科事典内のmesangiumの言及

【腎臓】より

…このすきまはスリット膜とよばれる薄い膜に架橋され,その上面を粘液多糖類の糖衣がおおう。基底膜はところどころで2層に分かれて,その間にメザンギウムmesangiumと呼ばれる結合組織成分が存在し,そこにメザンギウム細胞が存在する。この細胞は食べ込み能をもつとも,収縮能をもつともいわれるが,その働きは明らかではない(図6)。…

※「mesangium」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報