コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

microphyll microphyll

世界大百科事典内のmicrophyllの言及

【葉】より


[進化]
 葉には二つの種類があるというのが今日ほぼ定説となっている見方である。ヒカゲノカズラやミズニラの葉は小葉microphyllで,これはもともと茎の表面に突起状のものがつくられ,それが発達して維管束の分枝を受け入れるようになり,側生器官として完成されたものである。小葉は原則として葉脈が単生であり,葉跡は葉隙をつくらないといわれるが,例外がないわけではない。…

※「microphyll」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

microphyllの関連キーワード台湾朝熊黄楊西表三味線蔓小葉の提灯苔朝鮮姫黄楊コケミズピレア小黄楊乳茸刺姫黄楊姫野萩柘植盲藤苦苺豆蔦豆介黄楊小葉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android