コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ornithosis ornithosis

世界大百科事典内のornithosisの言及

【鸚鵡病】より

…病原菌は従来ウイルスとされていたが,大きさ250~400mμと大型で細胞壁があり,二分裂法により増殖し,細菌の酵素系に作用する抗生物質に感受性があるなどの特徴から,最近になって細菌として再分類され,現在はクラミディアChlamydia psittaciと呼ばれている。この細菌は,オウム以外の,ハト,カモ,ニワトリ,キジ,シチメンチョウなど約90種の鳥にも存在することから,鳥類病ornithosisがより正確な名称とされている。病原菌は鳥の排泄物や羽毛に存在し,抵抗性が強く乾燥にもよく耐え,人が吸入することにより感染する。…

※「ornithosis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報