コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鸚鵡病 オウムビョウ

3件 の用語解説(鸚鵡病の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おうむ‐びょう〔アウムビヤウ〕【××鵡病】

オウム・ハトなど鳥類の伝染病。病原体はオウム病クラミジアで、人間にも感染し、発熱・頭痛・せき・血痰(けったん)などの症状を呈する。感染症予防法の4類感染症の一。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おうむびょう【鸚鵡病 psittacosis】

鳥類が媒介する呼吸器感染症の一種。1879年,スイスの医師リッターD.Ritterが熱帯産の鳥に接触した人に起こった肺炎について記載したのが最初で,その後,95年にフランスのモランジュA.Morangeによってオウムがこの病気を媒介することが確認され,ギリシア語のpsittakos(オウム)からpsittacosisと命名された。病原菌は従来ウイルスとされていたが,大きさ250~400mμと大型で細胞壁があり,二分裂法により増殖し,細菌の酵素系に作用する抗生物質感受性があるなどの特徴から,最近になって細菌として再分類され,現在はクラミディアChlamydia psittaciと呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうむびょう【鸚鵡病】

鸚鵡病クラミジアを病原体とする呼吸器感染症。本来は、オウム・カナリア・ハトなど鳥類の感染症。鳥の排泄物から人間に感染する。また、患者の喀痰かくたんからも感染する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone