コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

oyna oyna

世界大百科事典内のoynaの言及

【アイヌ】より

…しかしユーカラは,本来は〈神々のユーカラ〉を指す名称であった。神々のユーカラは,火・風神,動・植物神などが自ら語る形をとる〈自然神のユーカラ〉と,人間の始祖とされる神が語る〈人文神のユーカラ〉に分けられ,前者をカムイユーカラkamuy‐yukar,後者をオイナoynaと呼ぶのが通例であった。しかしそれは採録,文字化されたものが比較的多かった胆振(いぶり)地方と日高の沙流地方での呼称で,オイナといえば他の地方では自然神のユーカラをさす場合も多く,またサコラウ,サコルペ,マツユーカラなどの名称もあって一様ではない。…

【ユーカラ】より

…〈人文神のユーカラ〉は導入部が〈人間のユーカラ〉に似ているが,それ以降の物語の展開の仕方,語り口などで判別できる。〈自然神のユーカラ〉をカムイ・ユーカラkamuy‐yukar,〈人文神のユーカラ〉をオイナoynaと呼ぶ習慣があるが,これは文字化された作品が多かった地方(日高の沙流(さる)地方や胆振(いぶり)地方)の呼称を採用したものであり,オイナといえば逆に〈自然神のユーカラ〉を指す地方も多い。〈神々のユーカラ〉をマツ・ユーカラmat‐yukar,サコラウsakorawなどと呼ぶ地方もあるが,マツ・ユーカラは〈女のユーカラ〉の意で,道東地方では神々のユーカラは女性が伝承すべきものとされていたことからこの名が生まれた。…

※「oyna」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

oynaの関連キーワードボンダルチュク戦争と平和ユーカラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android