phialide

世界大百科事典内のphialideの言及

【アオカビ(青黴)】より

…菌糸のところどころから分生子柄が直立,その上部は普通は1~2回分枝を繰り返し,ほうき状あるいは筆状となる。各分枝は上を向き,最終分枝の先にそれぞれ長いとくり状の分生子形成細胞(フィアライドphialide)が数本ならぶ。この細胞の先端から分生子が次々と押し出されるように形成され,長くつながって鎖状となる。…

※「phialide」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android