Laune

ポケットプログレッシブ独和・和独辞典(独和の部)の解説

Laune

[オネ] [女] (―/―n) ([英] mood)機嫌, 気分, 心持ち; ⸨[複]⸩ 気まぐれ; むら気; (気まぐれな)思いつき.

guteschlechte〉~ haben / beinicht bei〉 ~ sein

機嫌がよい〈悪い〉.

出典 ポケットプログレッシブ独和・和独辞典(独和の部)ポケットプログレッシブ独和・和独辞典(独和の部)について 情報 | 凡例

プログレッシブ 独和辞典の解説

Lau・ne, [láυnə ネ]

[女] (-/-n)

❶ ((英)mood) ((単数で)) 機嫌,気分

gute 〈schlechte〉 Laune haben / in guter 〈schlechter〉 Laune sein\機嫌がよい〈悪い〉

Er ist in 〈bei〉 Laune.\彼は上機嫌だ.

❷ ((複数で)) 気まぐれ

Launen haben\気分屋である.

❸ (気まぐれの)思いつき

aus einer Laune heraus\思いつきで

Das war nur so eine Laune von ihm.\それは彼がただちょっと思いついただけのことだ.

[語源] 人間は満月の晩に狼男(Werwolf)に変身すると言われるように,古来西欧では月の満ち欠けが人間の精神状態に多大な影響を及ぼすと考えられてきた.ドイツ語のLaune(気分)もラテン語のluna(月)に由来し,月の不思議な力に支配される病気はLunatismus 〈Mondsucht〉(夢遊病)と呼ばれる.また同語源の英語のlunaticは「気の狂った」を意味する.

出典 プログレッシブ 独和辞典プログレッシブ 独和辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android