コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

being

1件 の用語解説(beingの意味・用語解説を検索)

プログレッシブ英和中辞典(第4版)の解説

*be・ing

/bíi/
[名]
1 [U]存在, 実在, 現存(existence)
  • actual being
    実在
  • come into being
    生じる
  • call [bring] ... into being
    …を生み出す, 生じさせる.
2 [U]生存;生命(life);人生, 一生
  • the aim of our being
    人生の目的
  • listen with one's whole being
    全身の注意を集中して聞く
  • the woman who gave him his being
    彼を生んだ女性.
3 本質, 本性, 天性(nature)
  • to the very core [roots] of one's being
    心の奥底まで[から]
  • the very being of literature
    文学の本質.
4 存在するもの;生きもの
  • inanimate and animate beings
    無生物と生物
  • a real being
    実存するもの
  • an angelic [a human] being
    天使[人間].
5 [U]((the B-))神
  • the Supreme [the Divine] Being
    絶対者, 神.
6 人, 人間.
7 [U]《哲学》存在, 有;絶対存在;本質(essence)
  • being and becoming
    存在と生成.
in being
存在して, 現存の, 生存して.
━━[形]((名詞のあとに置いて))存在している, 現在の
  • for the time being
    当分, さしあたり.
being as (how) ...((主に英話))/being that ...
((方言))…なので(since).

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
編集主幹:國廣哲彌、安井稔、堀内克明
編集委員:池上嘉彦、大沼雅彦、米須興文
編集顧問:小西友七
(C) SHOGAKUKAN
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone