madrina

小学館 西和中辞典 第2版の解説

*ma・dri・na, [ma.đrí.na]

[女]

1 〖カト〗 (洗礼に立ち会う)代母,名付け;(プロテスタントの)教母;(結婚式で)新郎の付添人(◆スペインではふつう花婿の母親が務め,挙式の証人にもなる).→padrino, comadre.

2 (女性の)後援者,後見人;庇護者.

3 (催し物・行事の)女性の主役;主催者.

la madrina en la botadura de un barco|進水式の祝福役.

la madrina de la inaugración|開会式の主賓.

4 柱,支柱;〖海〗 (舷縁の)支え,スタンション.

5 (馬の群れを先導する)雌馬.

6 2頭の馬の馬銜(はみ)をつなぐ革ひも.

7 〘ラ米〙

(1) (アルゼンチン) (チリ) 〖スポ〗 (競馬の)伴走雌馬.

(2) (コロンビア) (パラグアイ) (ベネズエラ) 飼い慣らしのために一緒につないでおくおとなしい動物.

madrina de guerra

戦時代母:戦地の兵士に手紙・慰問袋などを送る女性.

出典 小学館 西和中辞典 第2版小学館 西和中辞典 第2版について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android