べき

プログレッシブ和英中辞典(第3版)の解説

べき【べき】

1 〔…しなければならない〕⇒-ねばならない
  • もう行くべきだ
    You must [have toshouldought to] go now. (▼mustと have to, shouldとought toはそれぞれほぼ同義である.「ねばならない」の意味ではmustとhave toが一般語である.shouldとought toは「当然するべきだ」の意味を含んでいることが多い)
  • こんな時に笑うべきではない
    You 「should not [ought not to] laugh at a time like this.
  • もっと早く出かけるべきだった
    I should [ought to] have started earlier.
  • 二人はそこで出会うべき運命になっていた
    The two were destined to meet each other there.
2 〔…できる〕
  • 信頼すべき情報
    trustworthy [reliable] information
  • コートを置くべき場所を探した
    I looked for a place to put my coat.
  • 相談すべき友人がいなかった
    She had no friend to consult.
3 〔「…べきか」の形で,…したらいいのか〕
  • 両親に打ち明けるべきかどうかわからない
    I don't know whether I should confide in my parents or not.

出典|小学館 プログレッシブ和英中辞典(第3版)について | 情報 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android